弁護士ブログ

2015.12.15更新

預貯金の遺産該当性

 こんにちは。府中の弁護士木村幸一です。今回は、遺産分割の対象となる財産についてです。

 預貯金は遺産ではないというと驚かれる方も多いと思います。通常の感覚では、預貯金も遺産として考えられますよね。

 ところが、遺産分割調停では、当然の範囲なるわけではないのです。

 

債権は当然に分割されます

 預貯金は、厳密に考えると、金融機関に対する債権になります。最高裁判所の判例では、債券は相続発生(被相続人の死亡)により、当然に法定相続分により分割されます。

 したがって、遺産分割において合意をするまでもなく、相続人は、当然に債権を行使することができてしまうのです。

 遺産分割調停では、未分割の遺産が調停の対象となります。そのため、当然に分割される債権は、調停の対象とはならないのです。

 ただ、通常は、相続人全員の合意により、預貯金も遺産分割の対象にする合意をして、調停のなかで解決を図ります。

 

合意が得られない場合は

 では、合意が得られない場合はどうするのでしょうか。通常は考え難いですが、一人の相続人が預貯金を遺産分割の対象と認めないような場合です。

 その場合、調停のなかで解決することはできません。

 前述したとおり、債権は当然に分割されています。そのため、直接銀行に対して、法定相続分相当額の支払いを請求することになります。

 

裁判になるケースも

 ところが、銀行は遺産分割等が終了し、相続人全員の合意がなければ、引き出しに応じられないと主張してきます。

 そのような場合、弁護士から強く請求すれば支払ってくる銀行もあります。しかし、一般的には、訴訟を提起し、判決を得なければ銀行は支払いに応じません。

 なんとも変な話ですね。

 このようなケースでお困りな方は、弁護士木村幸一までご相談ください。

 

 

----------------------------------------------
木村幸一法律事務所
弁護士木村幸一
℡042-319-0548|9:00~17:30
東京都府中市宮西町3-8-1 セザールプラザ府中328
『府中駅』徒歩約7分
『府中本町駅』徒歩約8分
https://www.kimura-lawyer.jp

 

 

 

投稿者: 弁護士 木村幸一

電話無料相談受付中 弁護士木村のブログ Q&A 実際の解決事例

新着情報

一覧へ >
2016/05/14NEW
DV被害について
2016/05/14NEW
DV被害について
2016/03/25
独立しました
2016/03/25NEW
独立しました
2015/08/10
弁護士木村幸一のHP