Q&A

2015.11.04更新

Q.交通事故に関する弁護士費用はどのくらいかかるのですか?

 

A.弁護士費用は、経済的利益に応じて着手金と報酬の金額を決定します。

しかし、交通事故の場合、損害賠償額が定めるのが症状固定後になることが多く、ご相談の時点で経済的利益が不明な場合が多くあります。

そのような場合は、着手金を最低金額の10万円と定めて、損害額が確定した後、改めて着手金の金額を計算します。

不足分については、事件が終了し、保険会社から支払いがあったといただくことにしています。

 

----------------------------------------------
ゆうき総合法律事務所
弁護士木村幸一
℡03-5414-1800|9:00~17:30
東京都港区元赤坂1-1-16 中井ビル3階
『赤坂見附駅』徒歩約5分
『永田町駅』徒歩約8分
https://www.kimura-lawyer.jp

投稿者: 弁護士 木村幸一

2015.11.02更新

Q.保険会社から治療費の立替払いを打ち切りますと言われたときはどうすればいいですか?

 

A.保険会社に説明し、今後も治療を継続する必要性があることを訴えましょう。

場合によっては、病院の先生に診断書を書いてもらうなどして、今後も治療が必要であることを説明してもらうこともあります。

それでも保険会社が治療費の立て替え払いを打ち切った場合、損害賠償の仮払いを求めて仮処分を提起することができます。

この点については、ケースバイケースになりますので、お早めにご相談下さい。

 

----------------------------------------------
ゆうき総合法律事務所
弁護士木村幸一
℡03-5414-1800|9:00~17:30
東京都港区元赤坂1-1-16 中井ビル3階
『赤坂見附駅』徒歩約5分
『永田町駅』徒歩約8分
https://www.kimura-lawyer.jp

投稿者: 弁護士 木村幸一

2015.10.31更新

Q.示談交渉はいつ始めればよいのでしょうか?

 

A.交通事故の損害賠償額が確定するのは、怪我が治癒した後もしくは症状が固定し、後遺障害が残った後です。

それまでは、治療費や慰謝料の金額が定まりません。

そのため、損害賠償の示談交渉が本格化するのは、症状固定後になります。

しかし、それまでの間にも、保険会社と交渉し、治療費を支払ってもらったり、休業損害を補償してもらう必要があります。

怪我をしている状況でそのような交渉を保険会社と行うのは、相当な負担になります。

早めに弁護士に相談し、示談交渉を依頼してしまった方が、煩わしいことから解放され、治療に専念できます。

 

----------------------------------------------
ゆうき総合法律事務所
弁護士木村幸一
℡03-5414-1800|9:00~17:30
東京都港区元赤坂1-1-16 中井ビル3階
『赤坂見附駅』徒歩約5分
『永田町駅』徒歩約8分
https://www.kimura-lawyer.jp

投稿者: 弁護士 木村幸一

2015.09.24更新

Q.交通事故に遭ったときに、まずどうすればいいのでしょうか?

 

A.まずは、警察にご連絡ください。

警察で手続きをすれば、警察から事故証明が発行されます。

事故証明は、自賠責の請求の際に必要になったり、交通事故の照明として裁判所に提出したりします。

----------------------------------------------
ゆうき総合法律事務所
弁護士木村幸一
℡03-5414-1800|9:00~17:30
東京都港区元赤坂1-1-16 中井ビル3階
『赤坂見附駅』徒歩約5分
『永田町駅』徒歩約8分
https://www.kimura-lawyer.jp

投稿者: 弁護士 木村幸一

2015.09.22更新

Q.弁護士にはどのタイミングで相談すればいいですか?

 

A.事故後、なるべく早くご相談ください。

今後の見通しも含めて、適切な賠償が受けられるようにアドバイスすることができます。

 

----------------------------------------------
ゆうき総合法律事務所
弁護士木村幸一
℡03-5414-1800|9:00~17:30
東京都港区元赤坂1-1-16 中井ビル3階
『赤坂見附駅』徒歩約5分
『永田町駅』徒歩約8分
https://www.kimura-lawyer.jp

投稿者: 弁護士 木村幸一

電話無料相談受付中 弁護士木村のブログ Q&A 実際の解決事例

新着情報

一覧へ >
2016/05/14NEW
DV被害について
2016/05/14NEW
DV被害について
2016/03/25
独立しました
2016/03/25NEW
独立しました
2015/08/10
弁護士木村幸一のHP